配送地域の設定

商品を出荷する地理的地域は、配送地域と呼ばれます。

これらは、その地域に適用される複数の配送方法と料金を含むことができます。

たとえば、WooCommerceで次の配送地域を作成できます :
必要な数だけ配送地域を追加することができ、各配送地域には複数の配送方法が設定できます。顧客は、自分の住所と対応する配送地域での利用可能な配送方法しか見ることができません。 各顧客は1つの配送地域にのみ対応します。

配送地域はWooCommerce 2.6で導入されました。 定額制、送料無料、ローカルピックアップなどのものを引き続き使用できます。 2.6にアップデートすると、古い配送方法を無効にし、配送地域の方法に切り替えるように求められます。

配送地域の追加と管理

配送地域の設定を開始するには、WooCommerce>設定>配送に移動します。 最初は、新しい配送地域とデフォルトの残りの地域を追加するよう促されます。
その他の地域は、追加した配送地域と一致しない顧客に使用されます。 この配送地域に配送方法を追加することは完全にオプションですので、必要に応じて配送方法を追加してください。

顧客が配送方法なしの配送地域にある配送先住所を入力すると、配送が利用できない旨が通知されます。

配送地域は上から下に一致するので、その地域の配送地域を追加し、その地域に配送方法を割り当てないことで、地域を出荷から除外することもできます。

新しい配送地域を追加する

1. 表の右下にある[配送地域の追加]ボタンをクリックします。 新しい行が表示されます。
2. わかりやすい配送地域名を入力して、この配送地域に適用される領域を選択します。 地域は次のもので構成できます:


州(都道府県)
大陸

3. 該当する場合は、[特定の郵便場号に限定]リンクをクリックして、この配送地域に一致する顧客をさらに絞り込みます。 たとえば、特定の一連の郵便番号(1行に1つ)で配送地域を設定できます。 (例:90210 … 99000)、ワイルドカード(例:CB23 *)を使用することもできます。

以下の例では、配送地域を設定する方法を示すために、ローカル、国内、北米の3つの配送地域を作成しました。

4. 配送区域の追加が完了したら変更を保存します。

配送地域の並び替え

配送地域は、上から順に顧客の住所と一致します。最初は顧客の住所と一致するものが常に使用されます。 カスタム地域が一致しない場合、残りの世界が使用されます。

配送地域を順番を並び替えるには :

1.左端のハンドルにカーソルを合わせてクリックします。

2.ドラッグアンドドロップします。

3.変更を保存します。

配送地域の編集

配送地域を編集するには:

1.配送地域名にカーソルを合わせると、編集のオプションが表示されます。

2. [編集]をクリックすると、地域を削除、追加、変更することができます。

3.変更を保存します。

その他の配送地域が適用されていないときはデフォルトとして機能するため、その他の配送地域は移動、名前変更、または削除することはできません。

配送地域への配送方法の追加

配送地域が設定されているので、配送方法を追加する必要があります。 配送方法を追加するには:

1.各行の右端にある + アイコンをクリックします。

モーダルウィンドウは、配送地域をサポート配送方法のリストが表示されます:

2.ドロップダウンから配送方法を選択します。

3. [配送方法の追加]ボタンをクリックして保存します。

配送地域をサポートする配送方法のみがここに一覧表示されます。 配送地域をサポートしていない配送方法がある場合、それはナビゲーションメニューに表示され、常に実行されるように配送地域とは独立した働きをします。

一度追加すると、配送方法タイトルまたは編集アイコンをクリックして配送方法を設定できます。

配送方法のコア設定の詳細については、以下の関連ドキュメントを参照してください。

ローカルピックアップ
定額送料
送料無料

配送地域から配送方法を削除する

配送方法を配送地域から削除するには、WooCommerce > 配送方法 > 配送地域 > 配送地域の名前 を使用して配送地域を表示し、一覧内の配送方法を見つけて上に移動し、実行可能なアクションのリストを表示します。

削除をクリックして変更を保存します。

デフォルトで選択されている配送方法を制御する

顧客のために選択されたデフォルトの配送方法は、それらが一致する配送地域内の上にリストされた有効な配送方法になります。

したがって、このスクリーンショットの例では、顧客が米国の配送地域に合っていれば無料配送が選択されます。

左のハンドルを使用してドラッグ&ドロップして配送方法を変更し、変更を保存します。

同じ画面で、カートのページで発送方法の注文方法を管理することもできます。 選択したすべての配送方法は、この画面にカートのページを並べ替えるのと同じ順序で並べられます。

たとえば、以下の例では、米国の配送地域で配送方法がどのように並び変えられているかを確認できます。

顧客が商品をカートに追加して米国の住所を入力すると(つまり、注文が米国の配送地域と一致する場合)、配送方法は同じ順序で表示されます。 以下のスクリーンショットに示すように、ローカルピックアップの配送方法が、前のスクリーンショットで設定したのと同じ順番で、定額送料2とそれに続く定額送料の出荷方法と一緒に最初に表示されます。

顧客のための配送地域の仕組み

これらの配送地域と配送方法の使用:

カリフォルニアの90210郵便番号で、私は地元のピックアップと送料無料を提供します。
米国では、私は国内の定額制を提供しています。
米国以外の地域では、世界的に異なる定額制を提供しています。
これはあなたの顧客が見るものです:

スニペット: 無料送料が可能な場合は無料配送のみを表示

注:サポートポリシーでは、カスタマイズのサポートを提供することはできません。
コード/テンプレートに慣れていて潜在的な競合を解決するには、WooExpertにお問い合わせください。
日本向けにはWooCommerce for Japanをインストールして設定すると簡単に無料送料のみを表示設定が可能です。

デフォルトでは、配送地域内のすべての配送方法が顧客に提示されます。 送料無料が使える場合、次のスニペットを使用して他の方法を非表示にすることができます。

英語原文( Setting up Shipping Zones )